クレジットやローンの借金返済、多重債務の解決は公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会にご相談ください。

JCCO 日本クレジットカウンセリング協会

今後における拠点の展開(拠点の広範化・集約化)

協会は、国からの公益認定を受け、平成24年4月に公益財団法人としての新たなスタートを切りました。これを受けて、多重債務者等に対する公正・中立なカウンセリングなど、協会が担う公益的機能を一層発揮していく必要があります。
そのような中で、協会は、より公益性に適合した効果的かつ効率的な体制で、多重債務者救済のための無料の任意整理と生活再建に向けた家計カウンセリングとが一体となったカウンセリング事業を的確に推進するため、下記1~5の方向性により、今後における「拠点の広範化・集約化」を図ることとしています。

注:
「拠点の広範化・集約化」とは、業務を効果的・効率的に展開するため、非常設の組織である「相談室」(相談日に現地の会議室を借りて地域の弁護士カウンセラーと協会のAD(家計管理等を助言するアドバイザーカウンセラー)がカウンセリングを実施)の新規開設を進め、消費者救済機能を高める一方、常設組織である「センター」(支部長やADが常駐)を「相談室」に改組し、「相談室」へのAD派遣等の機能を東京・大阪を基軸に集約化するもの
  1. 多重債務者が全国各地に存在する状況を踏まえ、全国において、広範にカウンセリング事業の拠点の設置を進める。
  2. 拠点の整備に当たっては、需要の動向に即して弾力的な対応を図ることができるとともに、効果的かつ効率的な体制となるよう留意する。
  3. 多重債務者救済の観点から重要な意義を持つ近畿ブロックに、カウンセリング事業を担う支部を設置できるよう、中期的観点から重点的に取り組む。
  4. 近畿ブロックにおける拠点設置の動向をも踏まえつつ、ブロック管内で重複するセンターを嚆矢として、既存のセンター(東京を除く)の相談室への改組を推進する。
  5. センターの改組・相談室化に伴う諸課題の調整については、合理的かつ弾力的な対応を図るものとする。

(平成25年3月18日 理事会決定)

「JCCO多重債務者救済フォーラム in 大阪」の開催(「拠点の広範化・集約化」の推進に向けて)

「JCCO多重債務者救済フォーラム in 大阪」について

日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)は、より多くの多重債務者の救済に取り組むため、 平成25年3月に「拠点の広範化・集約化」を内容とする新方針を決定しました。

消費者保護の立場に立ったこの取り組みについて、より多くの方々のご理解とご協力を得て、 これを推進していく必要があります。

このフォーラムは、新方針の意義や論点についてご説明するとともに、皆様のご意見を伺い、JCCOの西日本の大きな拠点となる「大阪センター」の開設についてご理解とご協力を得ていくことを目的としたものです。

<フォーラムの開催の概要>

日時 平成26年10月9日(木)16:00~18:00

場所 大阪市中央公会堂 中集会室
   大阪市北区中之島1-1-27

<フォーラムの開催結果>

大阪フォーラムの開催結果PDF

↑ このページの先頭へ